もっと詳しく教えてください?
自動車は大きく重くなるほど加速するエネルギーが必要です。しかし加速が終わると最大馬力の数十分の一の力で走れるようになります。これを慣性の法則といいます。

ニュートンの慣性の法則
物体に力がはたらかないとき(または力がつり合っているとき)
・静止していた物体はいつまでも静止している
・運動していた物体はその速さで等速直線運動を続ける。


物体がその運動の状態を続けようとする性質を慣性といいます。この性質は質量が大きいほど大き働きます。しかし地球上では重力や空気抵抗が働く為慣性は永遠に続きませんが、最小の力で運動を続けることは可能であり、この状態が完全に釣り合った状態が自動車の最高速度であり、慣性を利用して少ない燃料で走行できるのが一定速度で走っているときの運転です。
ROSSAMは普段の走行で一番多い時間が慣性走行か信号待ちなどのアイドリング中の時間だという点に注目しました。
戻る 進む
   
  注文 セミオートバッテリーレス 
  フルオート・バッテリーレス